新潟から世界へ-需要創造で未来を拓く-

企業からの最新情報

20/10/30(金)

会社訪問を随時受け付けています!

エントリーいただいた方へ、個別に会社訪問のご案内をしています。
お気軽にエントリーください!

20/10/7(水)

2021年度新卒採用 エントリー受付中です!

遠藤工業の採用情報ページにアクセスいただき、ありがとうございます。
当社に興味を持っていただいた方は、ぜひエントリーをしてください。
みなさんにお会いできることを楽しみにしています!

企業情報

国内シェア95%以上!(主力商品『スプリングバランサー』)
「業界トップシェアのメーカーで安定して働きたい」、遠藤工業で実現しませんか?

遠藤工業は1935年創業、産業用機械・機具を自社で開発、自社ブランドで製造・販売する完成品メーカーです。主力商品の『スプリングバランサー』は、みなさんが知っている自動車や二輪車の組立工場で使われていて、国内市場シェアはなんと95%以上!遠藤工業では「荷役機器」「給電機器」「環境機械」の3つの商品群を展開、世界中のものづくり現場に貢献しています。

◆ワークライフバランス充実◆
2020年の燕三条産業カレンダー年間休日107日に対して、遠藤工業の年間休日は123日。休日が多いので、プライベートの時間が確保できます。「平日にちょっとした用事を済ませたいけど、有給を丸一日使うのはもったいない」そんなときでも大丈夫。遠藤工業では1時間単位で有給を取得できるため、柔軟な働き方が実現できます。結婚した人は結婚休暇を取得できるため、結婚式の準備や、新婚旅行などに休暇を使えます。加えて、男女問わず、育児休暇取得を応援しており、燕市内の企業で初めて『つばめ子育て応援企業』に認定されました。男性の育休取得率は約4割(2017年~現在)、最低でも1か月のお休みを取っています。このように働きやすい職場であることから、遠藤工業では定年まで勤める人が多く、定年後も再雇用として働く人が多いです。社員の暮らしを豊かにすることは、社員のモチベーション向上・業務効率化、ひいては売上拡大につながるため、会社・社員ともに『Win Winの関係』になると考えています!

◆独身寮あり◆
一人暮らしを考えている人、大歓迎です!

「そうは言っても遠藤工業って初めて聞いたし、よくわかんない…」、そう思っているあなた、一度、遠藤工業のホームページにお越しください。遠藤工業であなたが活躍する姿、きっと想像できると思います。業界トップを走る私たちと共に、世界中のものづくり現場に貢献しましょう!
事業内容 産業用機械・機具の製造・販売
設立 昭和10年5月
資本金 6,000万円
代表者 代表取締役 遠藤光緑
社員数 188名(男性:154名 女性:34名)
所在地 新潟県燕市秋葉町3丁目14番7号
事業所 本社、エコファクトリー、東京営業部、大阪営業部、名古屋営業所、九州営業所
売上高 36億4,980万円(2020年3月期)
関連会社 ENDO KOGYO INDIA PRIVATE LIMITED、遠藤(上海)機電設備有限公司
沿革 1871年 日用・工芸銅器製造の個人商店「松岳堂」創業
1914年 輸出用洋食器の製造を「遠藤松次郎商店」として開始
1935年 洋食器その他工業品の製造販売を目的に「遠藤工業株式会社」設立
1939年 旋盤ならびに二軸ボール盤の製造に着手
1942年 軍艦搭載の高角砲の砲弾も製造
1944年 金切丸鋸盤の製造に着手
1952年 スプリングバランサーの開発をスタート。東京営業所を開設
1953年 国鉄・鉄鋼メーカーへ金切丸鋸盤の納入を開始
1963年 バフ研磨盤を製造販売
1965年 アルミ押出業界向けの金切丸鋸盤を開発。海外向け洋食器の製造開始
1969年 新潟県技術賞を受賞
1970年 レーンコンディショナーを製造販売
1971年 エアホイストを開発。洋食器を高級路線に転換
1974年 ケーブルリール・ホースリールを開発
1975年 モータ式リールを開発。著名デザイナー(ウォード・ベネット、クリスチャン・ディオール等)の洋食器を商品化、TiffanyやBloomingdale'sへ納入
1978年 大阪営業所を開設
1981年 セルフロックを開発
1985年 設立50周年を迎え、本社社屋を新築。洋食器Double HerixがNY近代美術館のパーマネントデザイン・コレクション入り
1989年 オーストラリアMetool社からケーブルリールの技術導入。資本金6000万円に増資。アルミホイル切断機を開発
1990年 第7回新潟県産業振興賞受賞
1992年 九州営業所を開設。金属洋食器の製造を終了
1996年 破砕機・粉砕機を開発
1997年 ISO9001認証取得
2000年 ベルギーPierret社の高速カッティングマシンを販売開始
2001年 プラント向大型破砕機を本格納入開始
2004年 サーボモータ式ケーブルリールを開発。中国・信邦社でスプリングバランサーのノックダウン生産開始
2005年 電力有効活用優良事業場会長賞を受賞
2006年 環境活動のスタートに伴い、工場呼称をエコファクトリーに統一。エコファクトリーEAST内にテクニカルセンターを開設
2008年 エコファクトリーWEST内F棟を増築
2009年 通信・制御用スリップリングおよびエアバランサーを開発
2010年 ISO14001認証取得
2011年 インドに子会社ENDO KOGYO INDIA PVT. LTD. を設立
2012年 中国に子会社 遠藤(上海)機電設備有限公司を設立。金切丸鋸盤の製造を終了
2013年 名古屋営業所を開設
2014年 海運会社へ陸電リールの本格納入開始
2016年 エコファクトリーWEST内に塗装専用棟G棟を建設
2020年 電空バランサーを開発

連絡先

遠藤工業株式会社 
経営管理部人材開発グループ
高橋 怜矢
959-1261 新潟県燕市秋葉町3丁目14番7号
TEL:0256-62-5131 FAX:0256-62-5772
e-mail reiya.takahashi@endo-kogyo.co.jp