土地改良は水と土と農業を守る未来への礎

企業からの最新情報

20/11/9(月)

2021年度採用募集受付中です

企業情報

 外国から食料が入って来なくなったら!と考えたことがあるでしょうか。外国の人口爆発や大災害など、その恐れはないとは言い切れません。けれども、日本の食料自給率は先進諸外国でも非常に低い状態にあります。 食料は、生命の源です。日本の農業を守り育てるのは日本人の命を守ることに繋がります。その農業を効率よく、魅力的な産業にするための農地の整備や用水の供給をするのが私たち土地改良区の仕事です。県や市町村と力を合わせて、農地の整備を行うための地元農家の取り纏めやそれに付随する様々な事務処理を行います。造成、整備されたダムを始めとする農業用施設の管理や、そのための経費を農家から集める仕事もあります。そして一般企業と同様の経理や労務の仕事もあります。生命の源である食料を確保することに繋がる仕事だからこそ、土地改良区は法律に定められた法人であり、都道府県知事の認可により成立する、公共的性格の強い団体となっています。
事業内容 土地改良事業の計画及び実施
設立 平成21年4月1日設立
代表者 理事長 三富佳一
社員数 10名
事業所 新潟県柏崎市三和町8-19
関連会社 関連する団体として、新潟県土地改良事業団体連合会があります。
沿革  柏崎土地改良区は新潟県中越地方の最西端に位置し、そこは東頸城丘陵と刈羽砂丘に囲まれた刈羽平野に広がる水田を中心とした農業地帯です。管内は柏崎市と刈羽村にまたがる3,520haの受益面積があり、県内12番目の広さの土地改良区になります。
 土地改良区という団体は、昭和24年に制定された土地改良法に基づいて認可された団体です。制定後は、農家の熱意と時代の情勢によって多くの土地改良区が設立されました。現在の柏崎土地改良区は国営事業で造成された「栃ケ原ダム・後谷ダム・市野新田ダム」の水利用の公平配分と一元管理を図るため、柏崎・西山町・刈羽村の三土地改良区の合併により平成21年4月1日に設立しました。

連絡先

柏崎土地改良区
〒945-0034
新潟県柏崎市三和町8-19
TEL/0257-22-3855
E-mail/saiyou@kashiwazaki-dokai.jp
担当/武田